成人T細胞白血病

成人T細胞白血病ってどんな病気?


成人T細胞白血病
国内のキャリアの約3分の1を占める感染症
成人T細胞白血病とは、ヒトT細胞白血病ウイルスⅠ型(HTLV-Ⅰ)の感染により起こりますが、日本のキャリア(持続感染者)約100万人のうち、発症数は年間約700人と言われています。 特に沖縄、鹿児島、宮崎、長崎にキャリアが多く、国内のキャリアの約3分の1を占める、との報告があります。

また、感染しても症状が出る人のほとんどが40歳以上で、60~70歳に最も多く出るので、病名に「成人」とつくのです。 また、母子間の母乳を通しての感染、性行為による感染、輸血による感染がみられています。精子中のHTLV-Ⅰが原因となって感染しますが、性行為による感染は、ほとんど症状は出ません。 輸血感染は献血時のチェック検査により、現在ではなくなったと考えられます。

こんなに危険な症状!

女の子
成人T細胞白血病は、感染してから発症するまで時間がかかります。
まったく発症せず症状が出ない人も少なくありません。
体の異変に気づいた人は、一刻も早く、保健所や医療機関に相談してください。
なかなか足が向かないという人のために、自宅で検査できるキットも用意されています。
いち早く発見し、治療するためにも利用してみてはいかがでしょう。
  • どんな病気?
  • うつる原因は?
  • どんな症状が出るの?
  • 対処法は?
  • どうやって予防するの?

自宅で簡単性病チェック

検査キット

あなたに合った検査キットを選んで下さい
女性用検査セット
男性用検査セット
がん検査

気になる病気・性病を探す
病名から探す
症状から探す
性病の症状早見表
みんな知りたい性病について
性病について学ぶ
みんなの性病体験談
性病QandA

お近くのクリニックを探すなら みんなのポータル

キャラクター紹介

各種クレジットカードをご利用いただけます。