細菌性膣症

細菌性膣症ってどんな病気?


普段体内にいる菌が炎症を起こす病気!

細菌性膣症は、クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジダなどの特別の菌が原因ではなく、普段体内にいる菌が膣内で過剰に繁殖し、炎症を起こす病気です。

セックスパートナーの多い人がかかりやすいとの報告もありますが、月経時や病気をした時など、免疫力が落ちた時にも起きやすく、STD(性病)と決め付けることはできません。
約半数が無症状ですが、妊娠している女性は、流産や早産の原因とも言われているので治療が必要です。

こんなに危険な症状!

これも女性に多い、いつも体内にいる菌が引き起こす病気の一つね。
ホルモンバランスが崩れたりすると発症するみたいだから、ストレスとか疲労を溜めないようにしなきゃ!


女の子
細菌性膣症は女性だけの病気です。
あまり自覚症状がないので、気づかない人も多いのではないでしょうか。
ほっておくと早産や流産の原因となるため、早く発見し治療しておきたいものです。
医師や病院に相談することが一番よい方法ですが、自覚症状がないゆえ、なかなか行動できないこともあるでしょう。
そんな場合は自宅で検査できるキットを利用してはいかがでしょう。
匿名で郵送検診できるので、プライバシーもしっかり守られますよ。
  • どんな病気?
  • うつる原因は?
  • どんな症状が出るの?
  • 対処法は?
  • どうやって予防するの?

自宅で簡単性病チェック

検査キット

あなたに合った検査キットを選んで下さい
女性用検査セット
男性用検査セット
がん検査

気になる病気・性病を探す
病名から探す
症状から探す
性病の症状早見表
みんな知りたい性病について
性病について学ぶ
みんなの性病体験談
性病QandA

お近くのクリニックを探すなら みんなのポータル

キャラクター紹介

各種クレジットカードをご利用いただけます。